Uber Eats(ウーバイーツ)チップってどうなの?【これ見ればOK】

Uber Eats(ウーバイーツ)は、コロナ過の影響もあってか、最近になって注目されているデリバリーフードサービスです。

基本的なシステムとしては、注文者が好きな飲食店の料理をアプリを通して注文し、それを受けたUber Eatsが配達パートナーに宅配依頼を発注し、配達パートナーが料理を注文者の元に送り届けます。

基本的な流れとしては、宅配サービスと同じようなものですが、Uber Eatsでは「宅配のチップ」というものが存在し、それを注文者が渡したり、配達パートナーが受け取ることができるようです。

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップの仕組みなどから、

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップの支払い方法
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップの金額

これらのことを中心に詳しく解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップとは

Uber Eatsのチップとは、注文者から配達パートナーへチップを贈って気軽に感謝を伝えることができる機能で、Uber Eatsのアプリから注文者の任意でチップを支払うことができます。

支払われたチップは、そのまま配達パートナーの収入となり、また、チップに対してのサービス手数料などはUber Eatsから請求されません。

チップを支払うことによる効果

チップはあくまでも注文者の任意による気持ちの表現でありますが、チップを配達パートナーに支払うことによって、臨時収入以外の効果が期待できます。

チップによる効果
  • 配達パートナーへの評価
  • 金額も自由なので気軽に気持ちが伝わる

チップを受け取れるということは、ある意味それだけ配達パートナーの接客などの注文者に対しての対応がそれだけ評価されているということです。

ですので、「チップの多さ=サービスの質の高さ」になります。

配達の質を評価されれば、それだけ仕事に対してのモチベーションも上がるため、これは収入以外の効果も期待できるといえ、注文者やUber Eatsにとってもメリットになります。

Uber Eatsのチップの支払い方法

シップの支払い方法としては、「アプリ経由での支払い」「現金で直接支払い」この2パターンです。

現金で直接渡すことも可能なのですが、こちらはアプリ(Uber Eats)を通さず、個人的なやり取りで現金が発生してしまうため、トラブルのリスクを考えた際は、あまりおすすめすることはできません。

また、現金で直接渡す際は、100円や200円といった細かい金額も渡し辛くなってしまうため、任意で好きな金額を渡せるアプリ経由の方がやはりおすすめです。

アプリ経由でのチップ支払い方法

アプリ経由でチップは支払う場合は、手順も簡単でトラブルのリスクもなくスムーズにチップを渡すことができます。

まずはいつも通りに料理を注文するのですが、チップを渡すタイミングは「注文確定後の画面でチップを渡す」「配達完了後の評価画面でチップを渡す」の2パターンです。

注文確定後の画面でチップを渡す
  1. 注文確定後に「配達パートナーを応援する」というページが表示される
  2. チップの金額を指定、もしくは「今はしない」のどちらかを選択
  3. 「注文する」を選択
配達完了後の評価画面でチップを渡す
  1. 配達が完了すると配達パートナーの評価画面が表示される
  2. チップの入力箇所で金額を指定
  3. 「送信して続ける」を選択

それぞれの手順はこのようになっており、どちらもアプリから簡単にできます。

飲食店にもチップを渡せる

Uber Eatsのチップは、配達をしてくれる配達パートナーだけではなく、料理を作ってくれる飲食店にも渡すことができます。

ですが、飲食店へのチップは「渡せる店舗」と「渡せない店舗」があるため注意が必要です。

飲食店へのチップも、配達パートナーと同じように、注文アプリを通じて渡すことができます。

チップの支払い方法としては、通常の注文手順を進め、お会計画面にて「このレストランを支援する」を選択すれば、100円のチップを飲食店に渡すことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップとは
  • 注文者から配達パートナーへの気持ちの表れ
  • アプリを通じてチップを渡すことができる
  • 現金での直接手渡しも可能だがトラブルなどを避ける意味でもアプリがおすすめ
  • 飲食店にもチップを渡せる

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップは1日配達したらどのくらいの金額になるの?

Uber Eatsのチップの相場はおよそ50円~200円前後とされており、例えば、1日10件配達で全てチップを貰えた場合は500円~2000円前後が、チップでの追加収入となります。

つまり、配達1件~4件分の追加収入を得ることになるので、金額が少ない場合もあるとはいえ、積み重ねればばかになりません。

ただし、チップはあくまでも注文者の配達パートナーに対しての気持ちの表れであり、また、あくまでも任意であるため、チップを貰えることもあれば貰えないことも当然ありえます。

ですが、これといった金額は決まっておらず、100円単位で貰えることもあれば、1000円単位で貰えることもあります。

サービスの質を上げればそれだけチップが貰える可能性もあるため、モチベーションの上昇や収入アップの切っ掛けにもなります。

Uber Eatsのチップは1日配達したらどのくらいの金額になるの?
  • 1件当たりの相場は50円~200円前後
  • 金額は配達件数やチップの支給率によって異なる

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップは誰にもらったか分かるの?

チップは基本的に配達パートナー個人のものですが、アプリを通じてチップが支払われるため、Uber Eatsが「誰からチップが発生したか」を把握していることは管理する側の立場から考えたとしても間違いないといえるでしょう。

ですが、現金でチップのやり取りが発生した場合は、注文者と配達パートナーの個人のやり取りとなるため、Uber Eatsがこのような個人のやり取りを把握することは難しいです。

ですので、やはり上記でも少しあったように、現金でのトラブルを回避するためにも、チップの受け渡しはアプリを通じて行った方が、スムーズで安心・安全だといえるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップは誰にもらったか分かるの?
  • アプリで管理されているので誰に貰ったかは把握できる
  • 現金での直接やり取りの場合は把握が困難

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップをもらったらUber Eats配達員は嬉しいの?

配達パートナーがUber Eatsのチップを貰えるということは、単純に収入が増えるだけではなく、配達の質であったり接客が評価されているなど、配達パートナの評価にそのままつながります。

つまり、配達パートナーがUber Eatsのチップを貰えるということは、配達そのものが評価されているということなので、素直に嬉しくなります。

ですが、例えばアプリを通さず直接大金を渡すなどをしてしまえば、いくら収入が増えるとはいえ、金額に対してのプレッシャーであったり、大金に対してのトラブルの懸念などがあるため、受け取る側も渡す側も常識の範囲でやり取りすることがおすすめです。

また、これは飲食店へ対してのチップも同じようなことがいえ、飲食店にチップが支払われるということは、配達された料理の味がよかった、味だけではなく衛生面にも満足しているなど、飲食店への評価にもつながるということになります。

まとめ

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップの仕組みなどから、Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップの支払い方法や、Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップの金額、これらのことを中心に詳しく解説しました。

チップは収入アップだけではなく、仕事に対しての評価の表れでもあるため、やはり貰った側からすれば嬉しいものです。

ですが、配達パートナーの収入はあくまでも配達1件に対しての報酬なので、例えチップをたくさん貰ったとしても、それは注文者の気持ちであるとしっかりと割り切って、配達パートナーとして稼ぐためには、「サービスの質を保って件数をこなす」ことをベースとして考えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です